ゆるっとドイツ滞在記

ドイツでのワーホリ生活や日常の小ネタをゆるっとお届けします。

チョコのはなし

こんにちは、ちきです。

 

突然ですが、みんな大好きな甘~いお菓子といえば?

 

 

そう、チョコレーーーーーート!!

f:id:ich_bin_chiki:20200717233711j:plain


ドイツのお菓子と言ったらHARIBOとかが思い浮かぶことが多いかもしれませんが、チョコも負けず劣らず大人気なのです。

特にヨーロッパはスイスとかベルギーとか美味しいチョコの名産地が多いですしね。

 

ということで、今回はドイツで人気のチョコブランドと、それぞれの個人的おすすめフレーバーをご紹介したいと思います!

 

 

一番人気のチョコはどれ?

なんか面白いデータはないかな~と調べてみたところ、こんな統計を見つけました。

ずばり、ドイツ国内人気チョコランキング!(国外ブランド含む)

f:id:ich_bin_chiki:20200709042553p:plain

出典:Beliebteste Tafelschokoladenmarken in Deutschland 2019 | Statista

2016~2019年の過去4年分のデータなんですが、毎年大体同じなのが面白いですね。

この中のいくつかは日本でもちらほら見かけることがあるんじゃないかなと思います。

 

とはいえ、これだけ見てもそれぞれどんなチョコなのかわからないので、グラフの大半となるトップ6までのチョコブランドを個人的イチ押し商品とともに順番にご紹介したいと思います!

 

ドイツ国内で人気のチョコTOP6

6位 Kinder

Kinder(ドイツ語で子供という意味)という名前の通り、「子供のための特別なチョコを作りたい」という想いからイタリアのFerrero社によって作られました。

ちなみに、このFerrero社はヌテラなんかも作っている偉大な食品会社です。

 

定番商品は子供の手にフィットするように作られた「Kinder Riegel」や、おもちゃ入りのチョコエッグ「Kinder Überraschung」などなど。

やっぱり子供に人気なイメージがあります!

f:id:ich_bin_chiki:20200723002102j:plain

 

個人的に好きなのは中にナッツクリームが入った「Kinder Bueno」です。

f:id:ich_bin_chiki:20200723002039j:plain

公式HP:kinder Deutschland

 

5位 Yogurette

ヨーグルトのクリームが入ったさっぱりとした味わいのチョコ。

看板商品はイチゴヨーグルト味です。ときどき期間限定の味とかプレーンヨーグルト味もありますが、やっぱりイチゴが一番かな!

ちなみにこれもFererro社の製品です。

 

f:id:ich_bin_chiki:20200723002057j:plain

公式HP: Startseite | Yogurette

 

4位 Lindt

日本でも人気のスイスのチョコレートブランドです。

リンツの魅力は何といってもこの高級感ですよねぇ。キラキラとした包み紙もきれい。

日本でもお店を見つけると買う気はなくてもつい引き寄せられてしまいます…笑

 

わたしのお気に入りはやっぱり定番のLindorシリーズのミルク!

f:id:ich_bin_chiki:20200723002034j:plain

誕生日にいただいたLindorタワー(笑)

Lindorは”Lindt”とフランス語で金(ゴールド)を表す”Or”を組み合わせてつけられた名前なんだとか。

 

これを最初に食べたときはそのリッチな味となめらかな口どけにそれはそれは感動しました。本当にめちゃくちゃ美味しい。

個人的に好きなチョコNo.1です。

フレーバーの種類もたくさんあり、これがまたどれも美味しい!!!

 

リンツは他にも板チョコのシリーズとかプラリネのシリーズとかめちゃくちゃいろんな種類があるし、季節のパッケージとかギフト用のパッケージもすごく可愛いんですよねぇ。誰かにプレゼントしたくなる。

 

また、特にイースターの時期はウサギ、クリスマスの時期はサンタさんの形をしたチョコが名物になっていて、スーパーやデパートのイベントコーナーにずらっと並びます。(リンツ以外にもたくさんありますが)

 

このウサギちゃんは見たことがある人も多いのでは?

f:id:ich_bin_chiki:20200723002028j:plain
中身はシンプルなミルクチョコレートなんですが、これもまた美味しい!

 

ドイツでは大体どれでも日本の半額くらいで買うことができます。

リンツは他のチョコと比べると少々お高めですが、どれを食べても間違いなく美味しいです!

 

公式HP(日本):リンツ チョコレート

 

3位 merci

merciはフランス語で「ありがとう」。

その名の通り、ありがとうを伝えるためのチョコレートというコンセプトのもと、フランス…ではなく実はドイツで生まれました。

金色の紙で一つ一つ包まれたチョコはなんだか特別感があります。

f:id:ich_bin_chiki:20200723002023j:plain

一箱にいろんなフレーバーが入っているのでお気に入りを探すのもいいですね。

わたしのイチ押しはヘーゼルナッツとコーヒーかなぁ~

 

箱に写真やメッセージを入れて世界に一つだけのオリジナルギフトを作れるサービスもあります。まさに贈るためのチョコレートという感じ!

小袋に入ったプチシリーズや板チョコシリーズもあります。

 

公式HP:Danke heißt merci.

 

2位 Ritter Sport

正方形が特徴的なドイツの定番チョコ。

「どんなスポーツジャケットのポケットにも割れずに収まる、普通の板チョコと同じ重さのチョコを作ろう」というアイデアから生まれました。

キャッチコピーは「Quadratisch.(正方形)Praktisch.(実用的)Gut.(良い)」

f:id:ich_bin_chiki:20200723004149j:plain

 

実用的と言えるポイントは形だけでなく、そのパッケージにもあります。

外からチョコをパキッと割ると、同時に袋が簡単に開けられるようになっています。

f:id:ich_bin_chiki:20200723002047j:plain

ヘーゼルナッツがちらり


そして食べかけでもそのまま戻せば閉じることができるので、チョコの欠片がこぼれたりすることなくまた持ち運べるのです。これは確かに便利!

 

Ritter Sportはフレーバーのバリエーションがとても豊富で、季節限定フレーバーとかも合わせると全部で30種類くらいあります。パッケージもカラフルでかわいい。

わたしのお気に入りは、カカオムース、ビスケット、ナッツシリーズなどなど。

ミニサイズやサイコロ型、250gのビッグサイズバージョンなんかもあります。

f:id:ich_bin_chiki:20200723002052j:plain

ミニサイズはお土産にもピッタリ!

公式HP:RITTER SPORT

 

1位 milka

ここ数年連続で王座を勝ち取っているドイツでド定番のmilkaです。名前の由来はミルク+カカオでミルカ。

実はスイス発らしいんですが、ほぼ同時にドイツでも発売されたのでドイツの定番チョコとして根強い人気があります。

f:id:ich_bin_chiki:20200723002016j:plain

 

milkaもフレーバーの種類が豊富で、中にはOREOやDaimなど他のお菓子とコラボしているものまであります。

わたしのお気に入りはtucというリッツに似たクラッカーとのコラボ。甘いものってちょっと塩気が加わるとなんか一層美味しくなりますよねぇ。

OREOとのコラボも大好きです。

 

そしてmilkaは300gのビッグシリーズがまたすごいんです。

ご覧ください、このカロリー爆弾!!!笑

f:id:ich_bin_chiki:20200723002108j:plain

ちょっとサイズ感が伝わりにくいけど本当にデカいです。笑

全部は試してないですが、キャラメルソースが入っている系のは個人的にちょっと甘すぎだったかな…ストロベリーチーズケーキは美味しかったです!

そして何より、このシリーズは食べ応えがすごい!!

甘いもの好きにはたまらないんじゃないでしょうか。

 

milkaはチョコの他にもアイス、クッキー、チョコクリームなどいろんな商品あります。

公式HP:Entdecke Milka!

 

お試しあれ!!

いかがでしたか?

なんかおすすめがナッツ系に偏ってしまった気が…笑

でもどれも本当におすすめなので機会があればぜひ試してみてください! 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた次回。

Bis dann ;)